株式会社プラグマ

03-5225-4470

電話受付 10:00〜19:00

  • 税務・会計

「持続化給付金」の申請手続きを行いました

シミュレーション を活用した事前準備でスムーズに

5/1から申請スタートした「持続化給付金」の申請手続きを早速何件か行いました。
分かりやすい画面構成ですが、いくつか事前準備をしておくとよりスムーズに手続きが行えるようです。

中小企業庁から持続化給付金算定のシミュレーション(Excel)も出ており、そのまま申請画面へもいけます。
https://www.jizokuka-kyufu.jp/downloads/

・通常申請
・創業特例
・季節収入特例
の計算ができます。

持続化給付金の上限は、法人が200万円、個人事業者が100万円です。
1度給付を受けると、その後さらに事業収入が下がっても再度申請することはできません。
プラグマでは、売上高の推移を見て、前年同月との比較が一番減少しているタイミングでの申請をお手伝いします。

その他
・申請はインターネットのみです⇒通信環境が悪い場合・インターネットに慣れていない場合は、申請をサポートします。

■経産省HPより抜粋

『Q6.前年同月比の売上減少幅が50%に満たないが給付されないのか。
・足下で売上が例えば3~4割減少にとどまる事業者についても、2020年1~12月のいずれかの月において、前年同月と比較して売上が50%以上減少していれば対象となります。』

給付金、融資、助成金等、ご不明な点やお手続きにお困りでしたらプラグマスタッフかHP(https://pragma.co.jp/contact01/)よりお問い合わせください。


株式会社プラグマ
常によりそう。共によろこぶ。

\コロナ対策情報配信サイトを開設しました/
https://pragma.co.jp/staffblog/20200507/

ご相談・お問合せはこちら
ページトップヘ戻る