株式会社プラグマ

03-5225-4470

電話受付 10:00〜19:00

  • 未来経営

【未来会計の現場】年商10億円を目指す企業に必要なこととは?『儲かってるのにお金が無い』

利益とお金の動きの関係

利益は出ているのに、手元にあるお金が思ったより少ないんだけど・・・これ、ご質問の中でも三本の指に入る多い質問です。

原因は、利益(PL)と、お金の動きのタイミングがずれる取引があるからなんです。
掛け売り、掛け仕入れ、在庫、減価償却、前払い、割賦払い、納税・社会保険支払、引当金、借入・返済、投資・・・
これってみなBSの増減を見ればわかります。
そしてまとめたのがキャッシュフロー計算書。
ですが、BSの増減は慣れないとわかりづらいし、キャッシュフロー計算書だとざっくりしすぎて、社長の頭の中と合わないかもしれません。

キャッシュフロー計算書を見るタイミングとは?

見るタイミングも大事です。
決算が締まり、2か月後の申告時点で税理士さんから説キャッシュフローの説明を受けても、PLは2か月前のもの、社長の頭の中やお金の残高は今時点のこと。
また、社内での月次決算が遅いと、これも社長が見ている預金残高と合わないことがよくあります。

キャッシュフローを見るのに必要な視点

キャッシュフローは経営の視点と、ちょっとした経理の視点が必要です。
利益出てるんだけど、お金が思ったより残ってないな~と思われたら、プラグマにご相談ください。
キャッシュフローをわかりやすくご説明いたします。

(おまけの写真:写真と本文は無関係です)
夏休み真っ只中、とあるNPO法人の理事にお嬢様が同行してご来社してくださいました。
ホワイトボードに会議の様子を絵に描いてくれました。パソコンや電卓も見えますね
お客様とはもう15年くらいのお付き合い。
ニックネームで呼び合う仲なので、書いてある名前もニックネーム!。

ご相談・お問合せはこちら
ページトップヘ戻る